SEOで上位表示するためのWEB制作後にやること

外部要素のSEO

■内部要素だけではSEO効果は8割減

ウェブサイトの内部要素の最適化が終わったら、次に外部要素の最適化に着手します。 外部要素のSEOとはすなわち被リンクの確保と同義です。サイトの存在を知らしめて、積極的にリンクの確保をしていくこともSEoでは重要なことです。よくを言えば、有名サイトからのリンクを多数得ることができれば言うことなしです。もちろん検索エンジンいインデックスされるということも被リンクの獲得の一つと言えるでしょう。 内部要素対策としてやれることには限りがあります。逆に言えば、どのサイトでもある程度のレベルのSEoは施すことができるということです。となると、サイトの価値の優劣を決める要素はどれくらい外部から支持されているかになってきます。実際、保dとんど外部要素によってサイト価値が判断されていると言われています。もちろん、しっかりとした内部要素のSEOの裏付けがなければ意味がありませんので、内部要素対策、外部要素対策はSEOの両輪であることを忘れないでください。 私はぷライベートサイトを一つ持っています。簡易的なものとはいえ、公開できるくらいのコンテンツ量を持っていますが、あえて検索エンジンへの告知もせず、外部リンクも一切貼られて居合状態にしているため、半年経ったいまでも検索エンジンにはヒットしません。 つまり、どこからもリンクが貼られていない状態では検索エンジンにインデックスされる確率はゼロに等しいことがわかります。 いくら内部要素をチューニングして検索エンジンに好まれるページを作ったとしてもそもそも検索エンジンが来てくれないのでは何の意味もありません。 だからこそ、外部要素のSEO対策はおろそかにしてはいけません。ユーザーと検索エンジンを自分のサイトに誘導するために重要なのです。

■自力で被リンクを獲得しよう

外部要素のSEOつまり、外部からの被リンクを充実させるのは、一朝一夕ではいきません。基本的に誰かがサイトを見つけてリンクを貼ってくれるのを待つ、受身の姿勢にならざるをえないからです。 しかしながら、そもそも被リンクが少ない状態ではなかなか人目に触れることもなく、したがって、いつまでたっても被リンクを得られないという負のループに陥りがちです。ですので、最初の一歩としてなんとかして自力でどこかに接点を設ける必要があり、そのためにできる施策は2つに分かれます。 ・検索サイトからのリンクを獲得する ・検索サイト以外からのリンクを獲得する ここでは以上の2つの方法について詳しく解説していきます。特に検索さいとからのリンクを獲得、(検索エンジンのデータベースに登録されることと同義)するには、ある程度自分から働きかけなくてはいけません。また、全ページの情報をもれなく検索エンジンに拾ってもらうには、それなりの手段を講じなくてはなりません。ここで解説することをしっかりと実践してください。参考サイト:格安SEOの東京SEOメーカー